読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえて「ひと休み」

忙しい人こそ人生をもっと楽しむべき。

映画「君の名は。」の感想と批評【期待を抑えて見に行ったら・・・泣きました】

f:id:hyakumemo:20160905112751j:plain

新海誠監督の最新作「君の名は」を見に行きました。

僕は、元から新海監督のファンなので評価がどうであろうと見に行こうと思っていたのですが、あまりにも好評で映画館が混雑していたので、2週めに見に行こうと当初の予定を変更したんです。


初めて見た時の素直な感動や感情を大事にしたかったので、
ネットやTVでどんな内容なのかネタバレを見てしまわないように注意していました。

だって、ストーリーがわかっている映画を見てもしょうがないじゃないですか。

そう言いながらも、

「今回の映画はどうなんだろう?」
「感動って言うけれど感動しない自分がいるかもしれない」

映画とは監督の色が出るものであって、
その監督の考えと自分が合わないと「おもしろかった」とはならないものです。

だから僕は見に行く前に期待値を上げるのをやめておきました。

結果は男のくせに感動して泣いてしまった

泣くのはガマンしたんですよ。
それでもふるふると肩が震え、涙がこぼれ落ちました。

2回ほどじんわりをと泣いて、1回感動で我慢できずに泣いてしまいました。
男のくせにって言うのもおかしいかもしれないですね。
素直に泣けてきたんです。

カッコつけて「いい映画だったけれど泣くまででもないよね」とか
「あそこの部分◯◯だったと思うな~」とか批評する気はまったくありません。

そんなこと言っても感じる気持ちは人それぞれですからね。
日本人特有の周りの人がどうだったかなんて、映画の感想まで追従するつもり無いのです。

一番好きだったのが「秒速5センチメートル」だった

僕は新海監督の作品で一番好きなのは、「秒速5センチメートル」なんですね。

全てに置いて男女や人の心情模様、すれ違いを描いていますが、最もよく表しているのが秒速だと思っています。どんなに新しい作品が出ても、ずっと一番は秒速5センチメートルが僕の中で1番だと。

そういう意味もあって、期待値を上げていなかったのもあります。
それが、今回の「君の名は」でひるがえりました。


「言の葉の庭」で圧倒的な美しさに磨きがかかっていましたが、
その美しさと共に、秒速5センチメートルで感じた儚さと恋愛のツライ思いのすべてが盛り込まれている。

それが、「君の名は」でした。

人の心のすれ違いと儚さはナゼこうも美しいのか

f:id:hyakumemo:20160906101816j:plain

実際見ているときは作品に没頭してしまって、そんなことすら考えずに見ていたんですけどね。

もしかすると僕は昔を必要以上に美化していたのかもしれません。
新しい作品よりも昔のほうが良かったと言う人は多いですけど、
僕もそうだったのかもしれないです。

今ははっきりと言えます。
「君の名は」は、心が震えた良い映画でした。

ハッとさせられる場面が多く、
それぞれの「人の想い」がこんなにも愛おしく、切ないものなのかと。

人の心のすれ違いと儚さは、なぜこんなにも美しいのでしょうか?


f:id:hyakumemo:20160906101944j:plain

主人公は瀧と三葉なのですが、
個人的には長澤まさみさんがCVを担当した、
奥寺ミキの表情と言葉にリアリティを感じましたね。

デートをしている時ミキさんのあの表情。
物語終盤で歩きながら交わされる会話。

感動するシーンとかではないのですが、
そのあまりのリアリティに恋愛ってこうだよなと思うのです。

恋って、うまくいく時もあればうまくいかないこともあります。
人生の一部ですから当たり前ですよね。

でも人を好きになるからこそ、
うまくいかないと苦しいし付き合えるとウレシイわけです。

新海監督は、ちょっとした日常にも人とのふれあい、ドラマがあるのだといつも教えてくれます。

様々な年代の人が、それぞれの感じる思いがあるそれが「君の名は」なんですね。

新しい作品を多くの人に楽しんでもらおうと
常日頃から悩まれている「つくり手」である新海誠監督に心からありがとうと言いたいです。
スタッフの皆さんも美しい物語をありがとうございました。


Blu-ray買いますわ!!


※「君の名は」の画像、著作権は、新海誠 氏、
及びコミックス・ウェーブ・フィルム社に帰属しています。

広告を非表示にする