読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえて「ひと休み」

忙しい人こそ人生をもっと楽しむべき。

青の祓魔師「京都不浄王編」のTV放映決定!試練に立ち向かう燐たちに注目

f:id:hyakumemo:20161004012810j:plain
青のエクソシストが2017年1月にTV放映が決まりました。

僕は青の祓魔師が好きなので、本当に楽しみです。
加藤和恵先生の絵が好きで、ストーリーも本当に引き込まれます。

ジャンプSQ(スクウェア)を毎月読むのが楽しみになっているんですよね。
青の祓魔師のTVアニメが終わってしまって、寂しかったのですが、
原作の加藤和恵先生も大好きですし、読むべきマンガの2番目にあげていることからも
どれだけ好きかがわかると思います。

hyakumemo.hateblo.jp

実は青の祓魔師の中でも京都不浄王編が一番好きなんですよね。

それは物語が大きく動く事件が起こるからです。

京都不浄王編から物語が大きく動き出す

それまでは、小さな話でキャラクターを成り立たせるための話が多く、これからどうなっていくのか?とワクワクする部分がありながら、先の見えない状況でした。

それが京都不浄王編で動き出します。
各キャラクターの気持ちがどんどん顕(あらわ)になっていくのです。

マンガやアニメというのは人間のドラマがつまっていると絶対的に面白くなります。
今まで面白かった青の祓魔師が絶対的な面白さを手にしたのは、「京都不浄王編」があったからです。これは間違いありません。

不甲斐ない自分。
信じている絆。
逃れたいしがらみ。

なぜ今自分は此処にいるのか?

その理由を各々が探し出すのです。

燐や雪男以外のキャラクター達が光りだす

主人公は燐と雪男です。

面白いドラマは主人公の魅力はもちろん、サブキャラクターの魅力もでかいものです。
京都不浄王編では、一気に他の祓魔塾生の魅力や言動が光りだします。

この勝呂竜士の表情を見て下さい。

f:id:hyakumemo:20161004022311j:plain

この表情は、まさにあのときの表情を髣髴(ほうふつ)とさせるのですが、
本当に加藤先生は、魅力的なキャラクターを描いてくれます。

ぼんのこの顔、最高ですわ。

燐が言うとおり、勝呂は本当にカッコいいです。

仲間としての距離を縮めていく物語

f:id:hyakumemo:20161004101034j:plain

今回の話がどうしてここまで面白いかと言うと、
祓魔塾の仲間の距離が近づくからなのです。


僕の勝手な予想ですが、
この京都不浄王編は青の祓魔師前半で最大の盛り上がりがあり、なおかつ人気の高い話なはずです。

その理由は、

「今の自分の状況で良いのか?」
「どうにかならないか?」
「何のために自分は此処にいるのか?」

誰もが思う大きな疑問に、立ち向かっていく物語だからです。

自分探しをして自分の存在意義を見つけ出せる人は、ほとんどいません。
今目の前にあることから逃れても、自分をみつけることなどできないからです。

どうなるかなんてわからない。
今信じていることが自分にとって、やりたいことなのかなんてわからない。
だから迷うし、苦しむ。

その複雑な想いを表現しているのが京都不浄王編です。

放送は2017年1月。
本当に楽しみですね~。

それまでは漫画でガマンしようと思います。


>> 青の祓魔師 全巻(新品)


青の祓魔師 京都不浄王編公式サイト
www.ao-ex.com


※サイトの説明上、画像を引用させていただいています。
「青の祓魔師 京都不浄王編」の画像、著作権は、加藤和恵様、
及び集英社様に帰属しています。

広告を非表示にする