あえて「ひと休み」

忙しい人こそ人生をもっと楽しむべき。

【買いました】青の祓魔師18巻の感想と評価 次の段階に向かう話がてんこ盛り。情報が濃すぎですわ!

f:id:hyakumemo:20170102225012j:plain

青の祓魔師の18巻をさっそく買ってきて、読んでみました!

どんどん内容が濃くなっていきますね。
さっそくですが、感想を書いていきたいと思います。

シュラを助けに向かった燐と雪男は、八郎太郎と対決することになります。
そして、シュラが八郎太郎にとらえられ、それを救出する最中から物語ははじまります。

今回18巻の表紙キャラクターは、勝呂竜士と包帯を巻いたゾンビです。

いつも加藤先生が描くこの表紙には、色々なヒントが隠されているのです。
今後の話は勝呂竜士も大きく関わってくるということ。

これですね。

マンガと云うのは、主人公が成長する目的がしっかりしていないと成り立ちません。
そして主人公が熱いキャラクターでなければ、盛り上がらないんですね。

そして次に来るのがサブキャラクターです。

雪男がそれを担っていましたが、雪男は今の段階でだいぶかたまってきている部分があります。
次のキャラクターが必要になってきたんですね。

次に物語の奥深くまで切り込んでいくキャラクターは?

それが、勝呂です。
そして師匠役として存在しているルーイン・ライトです。

この話は雪男がやるとおもっていましたが、勝呂がやることになりそうですね。
絶対にこの方が面白いですし、物語にも深みが増します。

そしてルーイン・ライトを絡ませることで、勝呂のまじめさも際立ちます。

18巻の内容の濃さは次に向かうストーリーを示唆している

18巻の前半部分は、シュラと八郎太郎大神との長年の関係解消(戦い)について描かれています。
そして、次は物語の核心である「青い夜」にきりこんでいくことになります。

勝呂と志摩廉造の心はつながっていること。
杜山しえみと神木出雲の仲が解消されると同時に、杜山しえみの祓魔師になれない過去があるということも・・・・。

19巻、20巻がでたときは、この蒔かれた種が芽吹いて面白いはなしになるのは、間違いありません。
ホント面白いはなしをいつもありがとうですよ。

これって集英社ですが、週間連載でないからこそ、描けるストーリーだと思うんですよね。
良い作品を生むには、ある程度の時間が必要だと僕は思っているんです。

週間だとどうしてもバタバタしてしまいます。

映画「君の名は。」があれだけのヒットを生んだのも美しさがあったのはもちろん、脚本としても秀悦だったからです。
ただの恋愛ものだったら、あそこまでのヒットにはならなかったでしょう。

しっかりと練られた脚本があったから、面白い映画になったのです。
マンガも同じです。

週間だとどうしても時間に追われてしまいます。
煮詰めたいエピソードがあっても、適当になってしまうのは作者に時間的余裕がなくなっているからです。

月一なので、すぐに読めない悲しさがありますが、濃い内容のマンガ読めればそれが一番です。

次が読みたくなる18巻。ぜひてにとって見てみてください。

広告を非表示にする