あえて「ひと休み」

忙しい人こそ人生をもっと楽しむべき。

万が一を考えて有事に備えておくべきグッズを紹介します

f:id:hyakumemo:20170412202917j:plain
アメリカと北朝鮮の問題が出てきていますね。

こういうとき日本のメディアは、あえて国民感情を煽らないように報道を抑えているのか、
国民をバカにして報道していないのか、どちらなんでしょうね。

インターネットの情報は信憑性が無いと言われていますが、TVも新聞も雑誌も嘘と本当の情報があります。

何が自分にとって大事な情報になるのか、わかっていないと情報に踊らされてしまいます。

どんな人でも情報には影響されてしまうものです。
群集心理に巻き込まれて正しい判断ができなくなる。
それだけは避けていけるよう注意して生活していきましょう。

自分にとって大事なことをしっかりと進めていくべきです。

f:id:hyakumemo:20170412163527j:plain

日本人は有事(=戦争)から目を背けすぎているのかもしれません。

そんな日本でも探すとこのような情報をみつけることができます。
核攻撃された場合の対処法を総務省が資料にしています。

核兵器攻撃の際の避難ポイントより)
>> 国人保護による基本方針

注意深くこれから出てくる情報を冷静に判断していくしかないですね。

今できることをやっていくしかありません。
それでは実際に有事になった際に必要となるグッズを紹介していきます。

有事の際にあると便利なグッズはコレだ

まずは、水です。

とにもかくにも水です。
これから日本は暖かくなり、水不足の時期に差し掛かります。
去年の6月には梅雨の時期だったにも関わらず、取水制限がかかりました。
10%でしたが、水を無駄遣いするなと制限がかかったのです。

人は水がなければ生きていけません。

とにかくまずは水を確保しておきましょう。

災害グッズ

用意して役に立つかどうかはわかりません。
そのときになってはじめて必要になるものも出てきます。
でしかし、用意はしておくべきでしょう。

ヨウ素

ヨウ素は揃えておいてください。
核攻撃にあった場合は、飲む必要性が出てくるからです。

女性のための生理用品

女性にとってなくてはならないものです。

粉ミルク

赤ちゃんがいる方は用意しておきましょう。

毛布

これから気温は暖かくなりますが、それでも毛布は絶対に必要です。
夜は思っている以上に気温が下がります。

登山靴

有事の際に道がキレイになっていることはありません。
ガレキやゴミでいっぱいの中、歩くには底がしっかりと厚い登山靴が一番なのです。

携帯コンロ

携帯コンロがあれば、温かい食事をとることができます。
温かい食事は希望につながります。
絶対に揃えておきましょう。


それにガスも揃えておきましょう。
ガスは危険物になるのでネットで購入せずに、
近くのホームセンターで購入しておきましょう。


最後にお金です。

お金は非常時に役に立たないイメージがありますが、
使えるときがかならずきます。

1万円だけでなく、100円、10円、500円、1000円を多く持つようにしましょう。

色々なことがありますが、できれば核攻撃などなく平和に解決できるのが一番ですよね。
未来は今生きている私たちが作るものです。

とにかく、健康で生きていけるよう、できる限りのことをしていきましょう。


また新しい情報が出てきたら、追記します。


2017/04/22 追記

アメリカの空母カール・ビンソンは来週にも日本海沖に到達するという情報がありました。

どうなるかわからないからこそ、私たちは準備しておく必要があります。

護身用のペン

災害が起こったあと、
夜に女性だけでトイレに行くのは危険です。

ライトや武器を持って信頼できる男性や女性数人とトイレに行くようにしましょう。


緊急脱出ハンマー

ミサイルが飛んできて爆発した場合は、ガラスなどは割れてしまうと思いますが、
万が一閉じ込められて、ガラスを割りたい時は、この脱出ハンマーが使えます。


サバイバルシート

小さく折りたためて、広げれば保温できるアルミシートになります。
夏までも寒さを凌がなければいけない状況に必ず遭遇します。

これがあると便利ですよ。