読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえて「ひと休み」

忙しい人こそ人生をもっと楽しむべき。

君の名は。245億円突破!【7ヶ月間連続興行の凄さと収益の使い方について】

f:id:hyakumemo:20161203003904j:plain

お久しぶりです。
ちょっと本業が忙しく全然ブログを書くことができていませんでした。

こうなると毎日ブログを更新している方の凄さがわかりますね~。

さて、タイトルにもあるとおり、君の名は。」の興行収入が245億円を突破したそうです。これは、東宝が3月6日に発表しています。

この記事を書いている今は3月30日なので、もっと興行収入が増えているでしょう。
しかし去年の8月から公開しているので、連続7ヶ月間上映していることになります。
ロングラン上映ですよ。

東宝さん、確実に上位3位を狙っているのは間違いないですね~。
上位3位に食い込めば、伝説になりますから。

今後のブランディングとしてもかなりのアドバンテージを持つことができます。
ココらへんが、大手配給会社の強みといえるのではないでしょうか。

2017年3月6日現在の興行収入ランキング

1 千と千尋の神隠し 東宝 308億円
2 タイタニック   FOX 262億円
3 アナと雪の女王  ディズニー 254.8億円
4 君の名は。 東宝 245億円
5 ハリーポッターと賢者の石 ワーナー 203億円
6 ハウルの動く城 東宝 196億円 
7 もののけ姫 東宝 193億円
8 踊る大捜査線THE MOVIE2 東宝 173.5億円
9 ハリーポッターと秘密の部屋 ワーナー 173億円
10 アバター FOX 156億円

もしかして、新海監督の次回作までずっと上映して、
1位の千と千尋の神隠しに迫る興行収入を叩き出すことになるかもしれません。

日本の企業って、やるときは本当に凄いですからね。

新海監督のまわりにいる人たちが熱い

新海監督は、とても物静かな方で、言葉を選んで話しをしますが、内面はとても情熱的な人だと思っています。
その熱さ、熱量が同じベクトルの人を引き寄せるのだと思います。

コミックス・ウェーブ・フィルムの川口社長なんて最たる人ですよね。

hyakumemo.hateblo.jp

アニメーター、原画マンを大事して、オール日本人で作品を作っていく。
ここでいうオール日本人というのは、安いから諸外国に依頼して作品をつくるのではなく、
作品を大事にしてくれる仲間と一緒に作り上げるという意味なんですよね。

だからその仲間がフランス人でも台湾の人でも、アメリカ人でも良いわけです。

安くあげれるから外にだそうでは、次世代の人は育たないでしょ?

もうね、この考え方に大賛成ですよ。


とにかく新海監督の才能と作品を作ってきたスタッフについて語っています。
ふつう、社長さんは自分のことと、会社のこと、才能のある監督の話しかしないものなんですね。

それが川口社長は、必ずスタッフや次世代の若者に対する考えや応援について語っています。

仕事ぶりの良くない人を採用(川口社長が面接しなかった人を採用)した結果「絵」にその雰囲気が出てしまった。
つまり、協力し合える人たちが集まらなければ、良いものは作れないという考えなんです。
稼いだお金はそんな次世代のために使いたいと。

これは、本当に感動しましたし、新海監督が発言したことにもつながります。
ゲーム会社でプログラマーの人の事を考えずに指摘し、空気が悪くなったことがあるそうです。

それから人との関係性を重視し、仲の良いスタッフにも丁寧な言葉を使うようになったのだそうです。
同じ志の人が集まるわけですよ。

最近新海監督のツイッターが更新されなくなりました。
新しい作品の構想にはいっているのでしょうか?
楽しみです。

新海監督や川口社長の考えを知ることができる貴重な本が下記になります。
すでにEYESCREAMは発売から時間が経過しているので、中古でも買えなくなること間違いありません。
何よりも新海監督にみずみずしい言葉のひとつひとつを読み取れる本になっています。


こちらは公式ガイドブックです。
圧倒的なビジュアルで作られる作品はこうやって作られているのがわかります。
この公式ガイドブックはぜひ手に入れてほしい本です。

広告を非表示にする