読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえて「ひと休み」

忙しい人こそ人生をもっと楽しむべき。

森永焼プリン「愛され続けてNo.1」の食べた感想について

森永

f:id:hyakumemo:20160926212005j:plain
森永の焼きプリンを食べてみました。
フィルムを剥がした表面が焼いた感じになっているプリンです。

愛され続けてNo.1とありますが、2007年から2014年各年の販売金額によって算出しているのですね。

確かにこのプリン、僕は好きなプリンのひとつです。
焼いた上部がこんがりと焼けていて美味しいのです。


f:id:hyakumemo:20160926212512j:plain

これが表面、前側のパッケージです。


f:id:hyakumemo:20160926212704j:plain

裏面ですね。


f:id:hyakumemo:20160926214847j:plain

フィルムパッケージを開けると、焼きプリンがあらわれます!!

森永焼きプリン 試食

f:id:hyakumemo:20160926220416j:plain

焼きプリンなので、口に挿れるとカリカリとした食感を想像してしまいますが、
実際ふんわりやわらか。

みずみずしさを感じるほどです。
もともとプリンはやわらかくてみずみずしいのが普通ですから、当たり前ですが、
「焼」の文字を見ると不思議と錯覚してしまいますね。


f:id:hyakumemo:20160927145828j:plain

ぼやけていますが、みずみずしさを感じるほど水分量が多いのがわかると思います。

f:id:hyakumemo:20160927150018j:plain

底にはしっかりとプリンのカルメラを見ることができます。
カルメラはドロっとしたものではなく、こちらもみずみずしいタイプです。

プッチンプリンのみずみずしさとは違うんですよね~。

少し固さがあるにも関わらず、みずみずしいのです。
この食感をぜひ試してみてください。

まとめ:森永焼きプリン

表面を焼いたプリンとみずみずしさが欲しい方にオススメ!

120円
194Kcal

広告を非表示にする